投資の方法の一つであるFXは、世間から「リスクの高い投資方法である」と認識されているのではないでしょうか。成功すると一攫千金を狙うことができる、ギャンブル的な投資であると考えられている向きがあります。この評価については、側面の真実であり、FXの全てを評価できているとはいえません。それでは、そもそも何故FXが高リスクな投資と言われるようになったのかについて考えます。

FXが高リスクになるのは、一つ一つの取引がそのままではあまり高い効果がないために「レバレッジ」というものを掛けるためです。レバレッジというのは、自己資本で投資を行うのではなく、それを資本にして借りたお金で投資を行うというものです。倍率を掛ければ掛ける程リターンが大きくなる代わりに、リスクが増大します。これを利用すると、強制ロスカットが発生する可能性があるため、途中で取引が打ち切られてしまうことに繋がるのです。

スワップポイントのように長期間に渡る投資によって利益を得たいという場合、レバレッジを掛けることでロスカットの危険性を発生させるのは却って不利益が大きくなります。その為、こういった投資方法の場合はレバレッジを1倍として、ロスカットの可能性をなくしましょう。

スワップポイントという投資の方法があります。この投資方法は通貨毎に設定されている「政策金利」というものを利用して利益を発生させるというものです。金利の安い通貨を売却し、金利の高い通貨を購入した上で保有を続けることによって、高い金利における投資効果が発生する、という仕組みとなります。

日本の通貨である円はこのスワップポイント投資を行うのに適した性質を持っています。前述の通り、スワップポイントで利益を出すためにはまず安い金利の通貨を売却しなければなりません。日本円の政策金利は0.10%という極めて低い設定となっています。0.05%と設定しているEUや、マイナス金利のスイス・スウェーデンなどの国を除き、日本よりも金利が低い国はあまりありません。

ただ、この政策金利というのはその国の状況によって変動するものです。基本的に国の状態が安定的になると金利が下がっていくことになります。日本はその最たる例と言えるでしょう。金利が高いということはそれだけリスクが高いということでもあります。政策金利が高い国として知られているのが、トルコやニュージーランドです。トルコは7.5%、ニュージーランドは3.5%前後で推移しています。

外国為替証拠金取引(FX)における投資方法の一つとして、スワップ金利を利用した投資方法というものがあります。スワップポイントで利益を上げる方式の投資方法のことを言うわけですが、そもそもFX初心者からするとこのスワップポイントというのが分かりにくいでしょう。スワップポイントというのは、取引に利用する自国通貨と、購入する対象である外国通貨の間にある金利の差の事を言います。例えばトルコリラを取引先として利用する場合には、自国通貨(日本円)の金利である0.1%を、トルコリラの金利である7.5%から差し引くことで計算出来ます。つまり、7.4%もの金利による利益が期待出来るわけです。

ただ、通貨の金利が高いということはそれだけその通貨の安定性が低いということでもあります。この点においてもリスクとリターンは基本的に釣り合っているものだと考えなければなりません。長期間に渡って預けておかなければ利益が出にくい方法であるものの、長期に渡るほどリスクが増大してしまうため、通貨の見極めが肝心になります。

その点も合わせて、下記サイトには詳しく紹介されています。スワップポイント投資に興味がある人で、スワップについて知るなら、まずこちらで勉強してみると良いでしょう。

外貨を利用した投資の方法の一つに、スワップポイントというものが有ります。これは各国の通貨に設定されている政策金利を利用して利益を上げるものです。安い金利の通貨を売却した上で高金利通貨を購入し、その通貨をそのまま保有し続ける事によって利益を得ることが出来ます。では、どのような国の通貨が高金利に設定されているのでしょうか。

まずポイントとなるのが「新興国」です。新しい国の通貨はまだ世界的な信用が得られていないために、より多くの人に利用してもらえるようにするために金利を高めに設定することになります。ただし、こういった国の通貨というのは当然安定性が低いため、投資対象とするのにはリスクも大きいことは考えておかなければなりません。このタイプとして代表的なのはトルコのリラなどです。中東地方においては最も高い、7.5%という政策金利が設定されています。

新興国に比べると低いものの、比較的高めの政策金利を設定することになるのが「資源国」です。資源国は安定して輸出による収益を得ることが出来るため、高めに政策金利を設定しておくことが出来ます。オーストラリアなどがこのタイプで、2.5%~2.0%程の金利を推移しています。

投資の方法の一つに、FXというものが有ります。これは外国通貨を利用した投資の方法であり、双方の通貨レートの違いによって利益を生み出す方式となります。その時々のレートを利用して取引を行うことで利益を上げる方法もありますが、この方法は投機的になることが考えられ、比較的リスクが大きくなってしまうというデメリットがあります。逆に、リスクを大きくしなければ利益が大きくならないため、効果的ではない投資になってしまいます。

もう1つ、FXで利用することが出来る投資方法であるのが「スワップポイント」という方法です。スワップポイントというのは、各通貨毎に設定されている金利の差を利用して利益を上げるというものです。金利の安い通貨を売却して金利の高い通貨を購入すると、その金利の差額だけの金額を利益としてもらうことができます。ただし、逆に金利の高い通貨を売却して金利の安い通貨を購入してしまうと、その金利の差額を支払う必要が発生します。

幸か不幸か、日本の通貨である円は非常に低い金利設定がされている通貨です。そのため、殆どの国の通貨でスワップポイントがプラスの効果を発揮することになります。ただし、換金の際のレートによって利益が発生しない可能性もあります。